両親の死後に不動産を売却しました

両親の遺産相続で実家をどうするか考える

私は、一人娘として両親から愛情をたっぷり注いでもらい育ててもらいました。
結婚適齢期の頃になると周りに影響されたこともあり、今の主人と結婚することとなって結婚二年後には息子が、四年後には娘が誕生しました。
そのころから両親ともに病気を患っていて、一人娘の私は育児の傍らで病院に通う日々が続いていたのです。
先に亡くなったのは父親の方で、がん治療のために最後まで抗がん剤投与をしたいたのですが、本人の「生きたい」という意思もむなしくこの世を去ってしまいました。
同じく癌で闘病していた母は父の死に相当なショックを受けたようで、先生から勧められた抗がん剤治療をも辞めてしまって、最期の時を「自分らしく過ごしていきたい」というようになったのです。

その母も父が亡くなってから5年ほどでこの世を去り、残された私は悲しみの中で遺産相続の手続きをすることになりました。
一人娘なので、遺産はすべて私のものとなり争うことはなく進んでいったのですが問題は「残された実家」の事でした。
両親が住んでいた家は、私が生まれた時に購入した中古の物件で築年数も30年以上経過しています。
この年数になってくるといろいろと修繕しなくてはいけないところも出てくるので、その都度、水回りや屋根、といや外壁などに関しては修繕をしていたので、古いながらも比較的綺麗な状態は保っていました。

両親の遺産相続で実家をどうするか考える : 家具がそのままでも売却できると言われた不動産業者に任せる : 税金や今後を考えると売却で得た資産はわずかだったが納得